伝説の勇者の伝説18話&19話

18…「お前は王だしさ 責任ってのがあるもんな おまえは間違ってないよ シオン だから そんな苦しそうな顔するな 悪いのは俺だ 俺がいるだけで おまえをこんなに苦しめて…」
「違う そうじゃない」
「でも もう終わりだ シオン もう 苦しむ必要なんてない」
「おまえは おまえの守るべきものを守っただけだ」


 ついにライナの前に現れたティーア。何故か彼についていくライナ。シオンやフェリスの助けをよそに姿を消して行きました。クラウでも敵わなかった相手にライナは・・・。

19…「名残惜しいのかい?」
「いんや 別に俺はこの国はあまり好きじゃなかった…」
「君が 人間だった頃の時間が名残惜しいのかい? と聞いているんだ」
「人間だった…?」
「ライナ 君は人間が好きなんだね でも もうわかっているだろう? 彼らとは共存できないって…君がどれほど求めても 奴らは応えてはくれない近づけば近づくほどに…傷つく」


 ティーアに連れられて来たのはライナと同じ魔眼持ちの子供達が集う場所でした。彼らを見せ、少しでも救ってくれといって仲間に入れようとする。そんな夜現れたのは、失踪したルークでした。“あなたを殺しに来ました”彼の運命は?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック